ニコ田の雑記

ニート話やVtuberに関する話を書きます

ニコ雑10 おもしれー女

忘れぬ内に一筆という事で、本日も書かせていただきます。
本日は特定個人の事について書かせていただこうと思います。

※あらかじめご本人様より執筆の許可はいただいております。

 

その個人と言いますのが、個人勢Vtuber「綺月める」様になります。

 

まだ正式なデビューはなされていないのですが、すでにラジオ感覚でのツイキャス配信などをされており、その魅力の一部分を見る事ができるようになっています。
今回はその少しだけ見えた魅力について伝えられればなと思います。

 

まず、経歴がすごい。
メイド衣装が制服のバーで働かれていたり、ある時はライブで活動されていたり、ある時はVtuber事務所関係のお仕事をされたり(他にもあります)
加えて、10年ほどのライブ配信(ニコ生?等)の実績もあり、言い方は乱暴になりますがそこらの個人勢とは一線を画すモノかと。

 

さらに自身の「個性」についても話されており、その中で適応障害パニック障害がある事も明かしておられました。
それら一般の仕事へは就職し辛い個性や自身の経歴を踏まえて「配信者としてやっていくんだ!」と強い意志を表明していました。

 

自身がどれだけ「配信」に命を懸けているのかを証明するために、親を説得して「防音室」の設備まで準備されているとか。

 

これらだけでもその覚悟や配信にかけている本気さが伝わるかと思いますが、これで終わらないのが彼女。

 

ツイキャスの配信中、「ホロやにじに追いつけるようになりたい!」ビッグマウスまで飛び出してくる。

 

ただの個人勢でここまで自身を追い込む配信者を他では知りません。

雑談配信などの話も「濃い経歴」を持っているため面白く、一度その世界に取り込まれると抜け出すのは困難になります。

 

ギャップの激しい魔法少女は一体デビュー時にはどういったモノをば見せてくれるのか。
今から非常に楽しみで仕方ありません。