ニコ田の雑記

ニート話やVtuberに関する話を書きます

ニコ雑26 人の「ツボ」

色々な個人勢Vtuberの方を見回っておりましたら、こんな時間になってしまってました。壺です。

 

本日は「面白い雑談」について書かせていただこうかなと。

以前の「ニコ雑14」でも似たような触れ方をしてましたが、懲りずにまたこの内容で書きます。

 

やはり「面白い雑談配信」は憧れますよね。いや、つまらない配信を進んでやろうとしている方はいないでしょうが。

 

わたくし、色々な方の配信を見聞きする中で「面白いと感じた雑談」には

いくつか共通する部分がある事に気付きました。

 

1、誰でも内容がわかる

2、自分の話へのリアクションがうまい

3、コメントへのリアクションも絶妙

4、テンポや間の取り方もうまい

 

1に関しては「途中からでも話がわかる内容」のものをよくチョイスされている方ですね。

それでいてワクワクさせる話し方をされるので、凄まじいです。

「自分でもわかる内容」の話だと会話に参加しやすいですよね。

 

2は「面白く感じさせる」スキルですね。ただ、話をするだけよりもソレに対して短いリアクションをして、面白く聞こえるようにする。

楽しそうに話されていると、こちらも楽しくなってきますよね。

 

3は↑ができている前提ですが、コメントへのリアクションといいますか、転がし方がうまいといいますか、そこまでいくとコメント読んで欲しくなってrom専でもコメントしたくなるのでしょう。

 

4はここまでいくと自然とできるようになるのでしょうか?

「空白の間」を感じず、その上で終始話されるので飽きがきません。

 

とまぁこれが面白く感じた「雑談配信」に共通する部分でした。

 

自分語りひとつとっても、ただ自身の身の上を話されるのではなく、誰にでもわかるようにかつ面白く聞こえるように話されるので誰でも楽しめます。

 

そしてやはりそういった方は短い期間でよく伸びている印象です。

もちろん他の要素も絡んでいるとは思いますが、話の内容が面白かったのは事実です。

 

デビューまでにそういった方々の研究を続けて、少しでも自身の糧にしてゆく事ができたらいいなぁと思っています。