ニコ田の雑記

ニート話やVtuberに関する話を書きます

ニコ雑50 目につく機会

お昼前ですが寝てません(鎧袖一触)壺です。

 

本日は「目に触れる機会」という事について書かせていただこうかなと。

 

やはり「配信者」として活動してゆくのであれば「毎日」配信するのが良いのかなとわたくしは思います。

ただ、それ以上に重要なのが「決まった時間に決まった配信をする」という事なのではないかと考えるようになりました。

 

どういう事かと問われれば、そのままの意味になります。

いついかなる時でも「その時間になれば、必ず配信がある」と言う風にリスナーへ思わせる事ができれば、自然と予定を合わせてくれるのではと。

 

そしてそのためにもある程度の期間は継続して「決まった時間、決まった配信内容」を提供する必要がある訳です。

 

ゲリラ配信を毎日してもほぼ意味は無いでしょう。配信の中身がよっぽど面白ければ別でしょうが。

繰り返しにはなりますが、重要なのは「決められた時間になれば、こんな配信が見れる」とリスナーに思わせる事です。

 

途中で大きく変えるのもあまりよろしくはないでしょう。

一度決めたら死ぬまで続ける気概でやった方がいいかもしれません。

 

荷が重いとストレスに感じそうなら、せめて日にちだけでも決めると良いのではないかと思います。

それも厳しいとなると「別の武器」がないとリスナーを固定するのは難しいんではないかと。

 

ただ、わたくしは未だ活動継続の大変さを知りませんので、無責任な事を言っているだけになります。

 

活動できるようになったら「行動」でぜひ示したいものですね。