ニコ田の雑記

ニート話やVtuberに関する話を書きます

ニコ雑56 イメージの相違

眠気のピークが浅すぎてオールナイトしがち(天衣無縫)壺です。

 

本日は自分と他者間における「イメージの相違」についての問題に触れようかなと。

 

イメージの相違と言いますのは「自分では普通にしているつもり」であるが「他者から見るとイメージに違和感がある」という状態です。

 

例えるならばアニメ化されてない漫画のキャラの声を脳内で補完していたのに、いざアニメ化されたら声優さんが脳内のイメージと違って違和感を覚える、といったモノになります。

 

これは初見等の初配信などの際によく起きているかと思われます。

あとは一定の時間が経ってから「中身の魂がチラつく」ようになってからでしょうか。

一定期間が過ぎてから発生する違和感に関しては、特にイメージの差異の溝が深いと思われます。

 

ただ、取り上げておいて何ですが、この問題は対処のしようがありません。

と言いますのも、この問題は「お互いに自身の頭の中のイメージ像」が違うので、どうしても相違が起きます。

 

わたくしとしましてはこの問題に対処するには「最初からキャラに自分をある程度寄せる」事で初配信以降のついてきてくれるリスナーに違和感を抱かせないようにするしかないのかなぁと。

 

長く活動すればするほどに避けるのが難しい問題だと思われますので難しいでしょう。

 

飾らない自分を見てもらえるように磨いてゆきたいですね。